学校概要

関商工高校ガイドブック

ダウンロード
関商工高校ガイドブック(PDF)
関商工高校ガイドブック.pdf
PDFファイル 300.6 KB

教育目標

「至誠明朗」の校訓を体し、知・徳・体の調和のとれた創造的・人間性豊かな実践力のある地域社会人の育成を図る。


教育方針

  1. 教育目標の具現に徹する学校経営
  2. 一人一人の能力・適性を見極め、自己実現を図る教育
  3. 国際化・情報化・科学技術革新など、社会の変化に対応する教育
  4. 社会をたくましく生きるための主体性と協調性、コミュニケーション力を身に付けさせる教育
  5. 学習活動をとおしてさまざまなことに興味・関心を持ち、自己の生涯学習につながる教育
  6. 奉仕の精神や正義感と礼儀を重んじる態度を育てる教育
  7. 家庭・地域社会等との連携を踏まえ、危機管理体制を確立した安全教育

生徒指導の重点

  1. 授業に真剣に取り組む意欲や態度を育てるとともに、服装・挨拶・礼儀作法など社会生活における基本を体得させる。
  2. 生命の尊さ、倫理観、規範意識を体得させ、自己を大切にし他人を思いやる態度を育成する。
  3. 部活動を推進する。
  4. 社会の一員としての自覚を高め、責任感と主体的に判断し行動する姿勢を育成する。
  5. 生徒理解に基づく指導を推進する。
  6. 家庭や地域社会をはじめ、小・中学校や関係諸機関との連携を密にする。
  7. ボランティア活動に積極的に参加して、ボランティア精神を醸成する。

校章

昭和18年5月1日、財団法人関工業学校開校。 このときの校章は「関工」という文字だけのものであった。 昭和22年4月1日、中学校を併設。 その校章は現在の校章の「高」の部分を「中」としたものと似ている。 昭和23年4月1日、新制高等学校発足。本校も岐阜県関工業高等学校と改称。 校章も変更され、現在のものとなった。高等学校の「高」の下に蔦をあしらったもの。 蔦は、あらゆる所に生え、強靱な粘り強い植物である。 「粘り強く学習し、生きよう」という気風をここに象徴しようとしたわけである。

校歌